2022/04/01
これが「シカ・カジ」か!?「シカゴ P.D.」私服警官のファッション傾向まとめ。

野村 司

犯罪捜査ドラマ「シカゴ P.D.」に出てくる私服警官のファッションをチェック。 ファッションの好み(傾向)を絵に描いてまとめてみました。
シカゴの警察署が舞台のドラマ「シカゴ P.D.」。

シーズン1を観ている頃から思っていたのですが、登場する私服警官たちのファッションが渋いですよね~。
渋くてカジュアルですよ。

まさに「渋カジ」と言ったところでしょうか~。(←死語)

今回は、そんな私服警官たちがよく着てそうなファッションを絵にして、まとめてみました。
*対象は、シーズン4の第8話時点のメンバーです。

 

ハンク・ボイト -モテるオヤジはダークカラーを選ぶ-

ボイト刑事のファッション傾向は、まずはダークカラーのチェックシャツをよく着てますね。
目が細か~いチェック柄のシャツですよ。
目が大きいチェック柄だと子どもっぽくなりますからね。
大人のこだわりですよ!
秋冬は革ジャンを羽織ってキメてますね。

 

ジェイ・ハルステッド -春夏秋冬、Tシャツ1枚あればいい-

ハルステッド刑事のファッション傾向は、Tシャツ(長袖もしくは半袖)を着ていることが多いですね。
それも、ヘンリーネックを着ていることが、ものすごく多いです。
もはやヘンリーネックの貴公子ですよ!
オシャレに無頓着っぽいところも、逆に魅力となっています。

 

アダム・ルゼック -ボタンを3つ外す、が俺流-

ルゼック刑事のファッション傾向は、若手ということもあり、やんちゃなテイストでまとめることが多いです。
印象的なのは、目が大きいチェック柄のシャツを着たスタイル。
シャツのボタンは3つほど外して、胸元からタンクトップをチラッと見せたりしてますね。
シャツ選びにはこだわりがあるのか、ポケットやステッチにデザイン性のあるものが多いですね。

 

ケビン・アトウォーター -似合う服を見つけて、輝け私!-

アトウォーター刑事のファッション傾向は、ある時はアダム・ルゼック風のチェック柄シャツを着たり、ある時はジェイ・ハルステッド風の長袖Tシャツを着たりと様々。
しかし時々、ミリタリー風味が入っているジャケットやシャツを選ぶことがあり、これがよく似合うんですよね~。
デザインカットされているおヒゲも美しい~。

 

アルビン・オリンスキー -似合う帽子で、自分をもっと好きになる-

オリンスキー刑事のファッション傾向は、ダークカラーのTシャツの上に、ダークカラーのVネックのニットを合わせたりします。
「ダークONダーク」の大人味ですよ!
そして最大の特徴は、お帽子!!
ニット帽をかぶることもありますが、なんといっても、ハンチング帽がめちゃめちゃお似合いですよね~。

 

エリン・リンジー -差し色で女っぷりを上げてみて-

リンジー刑事のファッション傾向は、カットソーにスキニージーンズを合わせるなど、動きやすくてシルエットも美しいものが多いですね。
タンクトップの上にパーカーを羽織るだけのシンプルスタイルも。
パーカーを着たときは、両手はパーカーのポッケに入れてますね。
タンクトップの上にシャツを羽織る場合、シャツのお色は赤など、女性らしいものを選ぶことが多いですね。

 

アントニオ・ドーソン -小物使いで差をつける-

ドーソン刑事のファッション傾向は、まずはマッスルフィットのVネックで、たくましさを強調しますね。
最大の特徴は、肩にガンホルダー(サスペンダー型)という小物を使うこと。
実用性と遊び心を両立して、大人の余裕を感じますね。

 

 

というわけで。
絵にして気づいたことは、アトウォーターとオリンスキーが両手にブレスレットをしていること。
あの2人はアクセサリーが好きっぽいです。
今度ドラマを観るときは、そんなところもチェックしてみてくださいね。

そして。
全員に共通したファッションの傾向は、「安そう」です!(←失礼)

もしもハロウィンに「シカゴ P.D.」キャラクターのコスプレをしたいと思ったら・・・。

服はユニクロに行けば揃いそう!

ただ、コスプレをしたところで、友達に「これ、ハンク・ボイトのコスプレなんだ~」とアピールしても。
「え~普段着じゃん」と受け流されるかもしれません。

それでよければ、ハロウィンのコスプレ時に参考にしてみてくださいね。(←参考にしませんか)

それでは~!!